SafetyAnswer - メールアドレス仮想化システム
 
ホーム 
Japanese / English
 

自分も相手もしっかり守る新発想のメールアドレス匿名化システム

セイフティ・アンサーの発想は、大人数とのアドレス交換が必要なPTA活動がきっかけで生まれました。
ただ自身のアドレスを詐称するための既存の匿名化ツールとは逆の視点で、1つの公開メールアドレスを通して連絡を取り合うことで、送・受信者ともにアドレスが匿名化され、お互いを守ることができます。
企業や官庁など組織での運用では、そもそも顧客のアドレスが組織内に持ち込まれないので、情報漏えいに対する不安を払拭することも可能です。

 
顧客の大切なメールアドレスを情報漏えいから守る
 

自分のメールアドレスを知られずにメールを使う
 

インターネットから守られた社内メール環境を構築する
 

メールアドレスの漏えいは、セキュリティ脅威の始まり

ビジネスメール詐欺やランサムウエアなど、多くの情報漏えい事故はメールアドレスの漏えいから始まります。

SafetyAnswerは、今までにないメールアドレスの秘匿化技術により、メールアドレスが悪意の第三者に漏れることを防ぐシステムです。

 

こんな使い方ができる

自分のメールアドレスを秘密にしてメールを使う

公開アドレスから自分のアドレスへ転送する
自分の本当のメールアドレスは知られない

取引先のメールアドレスを情報漏えいから守る

公開アドレスから匿名にしてメールを転送する
匿名アドレスで受信するので取引先の本当のアドレスは受信者も知らない
匿名のアドレスは受信者以外からは利用できない

外出先でフリーメールを使って会社のメールアドレスで送受信

社外で使うフリーメールなどをそのまま使って、会社に届いたメールに応答できる
フリーメールを使って会社のメールアドレスからメールを送れる
VPNの利用は不要、外部で使う端末へのメールの追加設定も不要

PTAの役員や委員が自分のアドレスを秘密にして連絡網を構築する

公開アドレスをPTA役員や委員のアドレスとし、匿名転送を利用する
PTAを受ける人も、委員になった人も、また連絡をしてくる保護者も全員のアドレスが匿名で連絡し合える

匿名の一斉配信連絡網をPTAで導入する

公開アドレスを取得し、一斉配信用に設定する
公開アドレスで一斉配信へのエントリーを受け付ける
エントリーメールへの応答が受信できることで送達確認ができる
応答メールへの返信で配信リストへのエントリー確認ができる
 
***