Group Circle Protection / 団体向け匿名メール連絡網

団体向け匿名メール連絡網

学校PTA、町会・自治会、NPO・ボランティア団体などで、連絡網を運用している団体向けのサービス

New!
学校PTA向け匿名メール連絡網・チラシ

想定している活用分野・利用環境
学校PTA , 町会・自治会 , NPO・ボランティア団体 , マンション管理組合など
非営利で運営される団体を対象に、構成員が相互にメールアドレスを開示せずに連絡を取り合える連絡網を構築する目的で利用
送る人も受ける人も、全員のメールアドレスが秘密に!

自分のアドレスを伏せて匿名でメール連絡を取り合える

 学校PTA、町会・自治会、ボランティア・NPO団体などで、連絡網を運用している団体様向けのサービスです。
 PTAなどで責任のある立場になると、個人のメールアドレスを多くの人に教えないとならなくなります。多数の人に自分のアドレスが知れ渡るのはあまり気持ちの良いものではありません。また責任者を降りた後も、いったん周知された自分のメールアドレスがどこで悪用されるか心配は残ります。
 SafetyAnswerを利用すると、中心になる人もその他の人も全員が自分のアドレスを伏せて匿名でメール連絡を取り合うことが可能になります。

公開したメールアドレスへ連絡してきた人に一括でメールを送信できる

 一人一人と匿名で連絡を取り合えるのは安心ですが、クラスの全員へ一括してメールを送信したい場合などは、クラスごとに公開アドレスを登録してメールを送信してきた全員へ一回の送信でメールを送信することができます。
 また、複数の送信者のアドレスを選択して任意の一括送信グループを作成して利用することもできます。
 既存のメール一斉配信システムの様に、配信先のメールアドレスをわざわざ登録する必要もありません。さらに、配信先の各連絡先のメールアドレスは匿名化されるので、情報漏えいの心配もありません。

多くの人に一括でメールを送れるので、責任者の承認を受ける運用が可能

 一括メール送信は、多くの人に一回の操作でメールを送信します。
 PTA会長や学校の先生、自治会長など、責任者の承認を受けてから実際のメール配信が実施されるようにメールの送信を設定できます。一人の承認や全員の同意、過半数の賛同で成立させるようなケースの他、組織を意識した複雑な承認パターンを設定することができます。また、承認期限を設けて対応が無い場合に自動的に承認を成立させたり却下させたりなどもできます。

その他

 SafetyAnswerを利用するには、専用アドレス(公開アドレス)が必要になります。専用アドレスは、弊社の提供するドメインから取得したメールアドレス、弊社で運用する独自ドメインのメールアドレスが利用可能です。

ご利用を始めるには

  • システムの提供形態
    メールID単位(1アドレス/3転送~)又は、ドメイン単位(10アドレス/30転送~)での利用条件になります。
  • 導入費用
    メールID単位(1アドレス/3転送) ・・・6,000円/年(税別)
    ドメイン単位(10アドレス/30転送) ・・・8,600円/月(税別)又は、86,000円/年(税別)
     ※ ドメイン単位は、利用者が希望する専用ドメインでの運用になります。