SafetyAnswer 転送プラス

利用者のメールサービスと連携して、
転送先からのメール返信機能をパワーアップ

New!
SafetyAnswer転送プラスの紹介

想定している活用分野・利用環境
組織の内外へメールを転送して利用、企業全般
組織へ届いたメールを、組織のメールサーバで転送したり、さらにその先へ転送した場合でも、転送もとのアカウントがなくても返信を可能にする

利用者のメールサービスと連携して、転送先からのメール返信機能をパワーアップ

組織のメールサービスで転送したメールを転送先から返信した場合でも、
転送元の組織のアドレスからメールを返信することができる


利用者のメールサービスと連携して、転送先からのメール返信機能をパワーアップ

利用者メールサーバの前に設置するだけ (DNS MX情報の変更)

メールをどこへ転送しても、転送先から転送をくり返しても、
最初の転送元アドレスから返信できる

転送先では、返信に使用するメールアドレスのアカウント設定は必要ない

返信できる転送先は、管理者によって返信の許可が登録された利用者だけ

許可のない利用者は、自身のアドレスからは返信できても、転送元のアドレスからは返信できません
また、匿名化して受信する運用では、許可の与えられていない利用者から転送されたメールへ返信することを完全に禁止できます(本当のメールアドレスは通知されないので、連絡を取れない)

転送を共有した全員で、返信したメールも共有することができる

メールを受信・返信するのにVPNなどの特別な環境は不要

個人所有の端末からでも会社のアドレスで返信できるので、信用を損なわない

メールドメイン単位でご利用できます

  • システムの提供形態
    専用ドメイン型(共有サーバ)、専用サーバ型(仮想サーバ)、システム提供型(オンプレミス)
  • 導入費用
    専用ドメイン型 公開アドレス10個・・・¥86,000(年額、税別、初期費用別)から
    専用サーバ型  公開アドレス10個・・・¥386,000(年額、税別、初期費用別)から
    システム提供型 ¥850,000~(50公開アドレス版を利用、サーバハード、OSソフト、Webデザインは別)
    上記は一例です。詳しくは、お問い合わせください。

資料のダウンロード

New! SafetyAnswerによるメール転送     サービス概要・紹介資料