Inquiry Protection / 匿名メール相談
匿名メール相談

匿名相談(労働相談、学校いじめ相談、健康相談、学習塾など)
業務改善や職場環境の改善に、コンプライアンスを強化する手段として

New!
従業員のための匿名メール相談・チラシ

想定している活用分野・利用環境
企業 , 組合 , 学校・PTA , 病院 , 役所 , その他の相談に
個人を相手に匿名で相談業務を実施する組織や団体で利用
  • 相談する人も受ける人も、メールだけしか使わずにお互いが匿名で連絡を取り合える
  • WEBや専用アプリも不要、SafetyAnswer で取得したアドレスを挟んでメールを送るだけ
  • 匿名でも正確に返信できるから、アンケートなどと違って双方向の情報収集が可能
  • アドレス帳も全て匿名アドレスで管理・・・もしも漏えいしても・・・匿名アドレスは自分専用
    盗まれても他人に使われることはありません! 情報漏えい対策も万全!
  • アドレス1個から使えて、少額の利用料で運用開始!(6,000円/年額・税別~)

専用仮想サーバでの運用メニューを提供! 独立環境で安心してご利用いただけます

2017年10月10日から提供開始

匿名の相談窓口として

 SafetyAnswer を利用すると、ホームページなどを制作することなく簡単に匿名のメール相談窓口を開設できます。働く人からの労働条件に関する相談や賃金の相談なども気兼ね無く問い合わることにも利用でき、働き方改革のツールとしても利用価値の高いサービスです。
 相談窓口アドレスからのメール転送先は自由に設定できるので、転送先を相談に応対する専門家の個人アドレスなどにすれば、わざわざ事務所へ集まって業務を実施する必要も無くなります。専門家を拘束する時間が短くなり、業務運用に掛かるコストの見直しも可能になります。相談を受ける側も、時間による拘束が少なくなったことで、同時に複数の業務をこなすなど業務効率化につながります。
 また、 SafetyAnswer の選択は、複数の業務を一つのメールアドレスでこなすことを可能にします。 わざわざ別のメールアドレスを用意して業務を分けること無く、一つのメールアドレスで全ての相談への対応が可能です。

相談窓口を通して相談者も応対者もお互いが匿名メールアドレスで連絡

学校教育の場での利用

 SafetyAnswer は、いじめ問題などに代表される学校教育の課題への対応策として、匿名の双方向相談窓口を手軽に提供します。問題把握のために実施するアンケート調査などでは、生徒や保護者からの一方向の情報収集しかできませんが、SafetyAnswer を利用すると、メールだけを利用して双方向のアンケート調査や個別の匿名相談が可能になります。
 SafetyAnswer の選択は、学校側が生徒・保護者へ向けて、個人情報を収集せずに重要な連絡を取り合うことができる連絡手段を開設することになり、生徒・保護者向けに利用価値の高いホットラインを設けることができます。
 学校でのいじめ問題への対策はこちらをご覧下さい。

学校が連絡窓口を設ければ生徒や保護者も安心して匿名アドレスで連絡

学校PTAでの利用

 PTAの役員になると多くの保護者と連絡を取る必要から、自分のプライベートなメールアドレスを公開することを余儀なくされます。そして、子どもが卒業して学校と縁が薄くなってもメールが途絶えることが無く、せっかく子どもの名前で取得した大切なメールアドレスを変更することになってしまいます。
 そんな時に、SafetyAnswer でメールアドレスを取得してPTAの公開アドレスとして利用することで、個人のメールアドレスを隠したまま、保護者からのメールを受信して返信することができる様になります。
 さらに、受信アドレスを非通知と設定することで、PTAへ連絡をしてくる保護者のアドレスも匿名化できるので、PTA役員、保護者の双方が自身のメールアドレスを隠して連絡が取り合うことが可能です。
 学校連絡網としても一斉配信に利用できます。

学校PTAで公開アドレスを設ければ役員も保護者も匿名アドレスで連絡

学習塾での利用

 SafetyAnswer で公開メールアドレスを取得して保護者との連絡に利用するだけで、
 ・保護者は自分のメールアドレスを先生に教えなくても、メールが送れます。
 ・先生へ届くメールは、PCや携帯、スマホなどで受信できて、メールに返信できます。
 ・先生から保護者へは、公開メールアドレスから届くので、先生のメールアドレスも秘密で利用できます。

学習塾の先生に自分のアドレスを教えずに匿名アドレスで連絡が取れる

 使い方は簡単です。
  ①公開アドレスを取得
  ②登録するのは、先生が受信に使うアドレスだけ
  ③教室のPC、個人の携帯、スマホ・タブレットなど、複数の端末で受信が可能
 利用料金は、先生が取得する公開メールアドレス毎に課金されるので安心です。
 場合によっては、生徒の登下校メールの宛先アドレスの収集にも活用が可能です。

その他

 SafetyAnswerを利用するには、専用アドレス(公開アドレス)が必要になります。 専用アドレスは、弊社の提供するドメインから取得したメールアドレス、弊社で運用する独自ドメインのメールアドレスまたは、弊社以外が運用するメールアドレスが利用可能です。 (但し、弊社以外が運用するメールアドレスに関しては、連携が困難な場合もあります)

ご利用を始めるには

  • システムの提供形態
    メールID単位(1アドレス/3転送~)又は、ドメイン単位(10アドレス/30転送~)での利用条件になります。
    NEW! 独立した運用環境や、多数のメールアドレスが必要な場合は、専用仮想サーバでの利用をおすすめします。
  • 導入費用
    メールID単位(1アドレス/3転送) ・・・6,000円/年(税別)
    ドメイン単位(10アドレス/30転送) ・・・8,600円/月(税別)又は、86,000円/年(税別)
    NEW! 専用仮想サーバ(10アドレス/30転送) ・・・38,600円/月(税別)又は、386,000円/年(税別)
     ※ ドメイン単位、専用仮想サーバは、利用者が希望する専用ドメインでの運用になります。

資料のダウンロード

サービス概要・紹介資料     利用開始手順書